ニュース

【尼崎】韓国人がタイの養子554人分の子ども手当を申請!不正受給目当て?

投稿日:

尼崎在住の韓国人男性が妻の母国であるタイの修道院の子ども554人と養子縁組しているとして、子ども手当を申請し、市が受け付けを拒んでいたことが分かりました。

6月から支給される子ども手当、554人分となると約8600万円にものぼるそうです。

この報道を受け、ネット上では「なぜ受理されると思ったのか」「厚かましい」など批判的な意見が見られます。

驚愕!554人分の子ども手当を申請!


6月から支給される月額1万3千円の子ども手当をめぐり、兵庫県尼崎市に住む韓国人男性が、タイで養子縁組したと称する554人分の手当約8600万円を申請しようとし、市が受け付けを拒否していたことが24日、尼崎市への取材で分かった。
厚生労働省によると、数百人規模の一斉申請が確認されたのは初めて。子ども手当には子どもの国内居住要件がなく、不正受給を懸念する声が出ていた。
市によると、4月22日昼、50歳代とみられる男性が窓口を訪れ、妻の母国・タイにある修道院などの子ども554人と養子縁組していると説明。子どもの名前や生年月日を記載したタイ政府の証明書を示して、子ども手当を申請した。
市はその場で厚生労働省に照会した上で、受け付けないことを決めた。外国人の申請に必要な送金記録なども持参していたが「いずれの書類も、受理していないので本物かどうかは分からない」(担当者)としている。

日本経済新聞 より

不正受給目当て?受給規定見直しを求める声多数

https://twitter.com/bnichan/status/1242563293279068160?s=20
https://twitter.com/negativist99/status/1242624372906418176?s=20

今回は申請された人数が多かったこともあり受け取り拒否できましたが、これが少数申請を繰り返してなら受理されていたんじゃないか、という意見もありました。

現在、子ども手当の申請に「国内居住」の有無は問われないので、今後も規定のすきまを掻い潜って不正受給を求める人が出てきてもおかしくはありません。

本当に必要としている方に手当が行き渡るよう、早急な法改正が必要になると思います。

さいごまでご覧いただきありがとうございました。

関連記事

-ニュース

Copyright© ひろびろトーク☆ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.