気になるお役立ち情報・お得情報を色々な目線で調べてみました☆

ひろびろトーク☆

未分類

旦シェア(わたし旦那をシェアしてた)の犯人は誰?ネタバレと考察・感想

更新日:

こんにちわ、ひろびろです!

みなさん今期のドラマはなにかご覧になってますか?わたしが今ハマっているのは小池栄子・りょう・岡本玲の日本テレビ系列木曜ドラマ『わたし旦那をシェアしてた』!

一風変わったストーリーにまんまとハマってしまいました。笑

第一話あらすじ

食品会社の取締役として働くキャリアウーマンの森下晴美(小池栄子)は、バツイチで12歳の娘・沙紀(平澤宏々路)を育てている。6年前から、ある財閥の息子・天谷恭平(平山浩行)と事実婚状態で暮らすようになった。晴美と恭平は毎日顔を合わせるものの、ずっと一緒にいることはほとんどない。晴美は、そういう形式の結婚生活が自分たちに合っていると思っていた。

そんな中、晴美のもとに警察から、恭平が意識不明の重体で病院に運ばれたという連絡が入る。晴美が急いで病院へ向かうと、恭平はすでに危篤状態だった。

そこに、恭平の妻と名乗る小椋加奈子(りょう)が現れる。さらにもう1人、恭平の妻として藤宮茜(岡本玲)が現れる。3人の妻が顔を合わせてパニックになる中、恭平は息を引き取る・・・。

恭平の妻は自分だけではなかった・・・!?想像を絶する事態に呆然とする晴美、加奈子、茜。3人は、恭平の古い知人だという刑事の塚本美保(渡辺真紀子)から「天谷恭平さんは何者かによって殺害されました」と告げられ、ショックを受ける晴美、加奈子、茜。3人は、自分こそが恭平の本当の妻だと言い争いになり・・・。

帰宅した晴美のもとに、恭平の秘書を名乗る真紀という女性が訪ねてくる。晴美は、今住んでいるマンションは恭平の身内の所有物となるので、出ていくようにと真紀に言われる。真紀は、恭平の遺言書を持っていた。恭平は自分の身に何かがあった場合、晴美たちを自分が経営するシングルマザー専用のシェアハウス“シングシングハウス”に迎えるようにという遺言を残していた。晴美が沙紀を連れてシングシングハウスへ向かうと、それぞれ自分の子を連れた加奈子、茜と顔を合わせる。茜は保育士として働きながら、6歳になる双子・慎吾と慎香を育てている。加奈子は、“美のカリスマ”と呼ばれるパーソナルトレーナーで、息子の透は15歳になる。3人の共通点は、シングルマザーで恭平の所有するマンションで生活し、恭平と事実婚していたということだった。

晴美、加奈子、茜の間に緊張感が走る。そこに、シングシングハウスの管理人・文江(夏木マリ)が現れ、晴美、加奈子、茜は文江から、恭平の遺言によってシングシングハウスは2ヵ月後に文江のものになるため、それまでには出ていくようにと告げられる。文江は、恭平の遺言書を持っていた。文江によると、遺言書には「この中のひとりに3億円をお渡しします」と書かれているという。同様する3人の前に、文江が山積みになった3億円の現金を持ってくる。これが自分のものになったら・・・と目の色を変える3人。文江は、恭平が一番愛した人に3億円を渡すと宣言する。

そんな中、シングシングハウスに秀明(赤楚衛二)という青年がやってくる。彼は、ダイヤモンドの保証書を届けるよう頼まれてきたという。そのダイヤは婚約指輪用?恭平は3人のうちの誰かと正式に結婚するつもりだった・・・!?

「あなたたちは戦うの!」と文江に煽られる晴美、加奈子、茜。さらに文江は、2枚目の遺言書には恭平が3人に対して“大きな10の嘘をついた”と書いてあると告げる。

3億円のため、真実を知るために、3人はシェアハウスで共同生活しようと決意する・・・!

                      ytv公式HPより引用

第一話感想・考察

第一話の冒頭から衝撃の展開でした!自分のほかに2人も妻がいる、誕生日も実家のはなしも全部嘘、3人の家を毎日タイムスケジュールを組んでローテーション。

いくらなんでも最低すぎる天谷恭平ですが、その夫を殺害依頼したのは誰なのか?シェアハウスの管理人は天谷恭平とどんな繋がりがあったのか?謎が深まります。

第二話あらすじ

森下晴美(小池栄子)、小椋加奈子(りょう)、藤宮茜(岡本玲)の共同生活が始まった。染谷文江(夏木マリ)は、3人に課題を与える。その課題とは、“天谷恭平(平山浩行)がなぜシングルマザー専用のシェアハウスを運営し始めたのか?”だった。

そんな中、晴美は元夫の室井正樹(安井順平)と再会。正樹は娘の沙紀(平澤宏々路)から恭平とのことを知らされ、晴美たちを心配して会いに来たという。しかし晴美は、過去のトラウマから正樹を拒絶。なぜ正樹に連絡したのかと晴美が沙紀を問い詰めると、沙紀は反発し・・・。

一方シングシングハウスでは、松田英明(赤楚衛二)が文江に雇われ、警備員兼雑用係として働き始める。文江の狙いは、晴美、加奈子、茜の中に、恭平を殺すよう何者かに依頼した人間がいるかどうかを探らせることだった。そして、正樹はまたしても晴美に会いに来る。晴美は正樹から、沙紀が送ってきた“死にたい”というメッセージを見せられる。正樹は晴美がちゃんと沙紀のことを考えていないからだと言って、晴美を責める。正樹の高圧的な態度に、晴美は様子がおかしくなる。・・・実は、晴美と正樹の離婚の原因は、正樹のモラルハラスメントだった。以来、晴美は正樹と接するだけで辛い記憶がフラッシュバックして、体に変調をきたすように。

晴美は、沙紀のために何かプレゼントをしようと考え、沙紀がいつも着けているブレスレットに合うイヤリングをプレゼントする。しかし、沙紀は受け取ろうとせず「本当に人の気持ちが分からないんだね!」と晴美を非難。さらに沙紀は、“恭平の大事な秘密”を知っていると言い残してシングシングハウスを飛び出す。

晴美と沙紀の衝突を目の前で見ていた加奈子と茜。2人は、母親としての務めを果たしていないと晴美を責める。晴美は、出て行った沙紀のあとを追う。すると、正樹が現れる。正樹は、もう沙紀を任せておけないので自分が育てると言い出す。晴美は、正樹に沙紀を奪われるのではないかとパニックに。沙紀は、父と母のどちらを選ぶかで心が揺れる。

そこに加奈子と茜が現れる。2人は、正樹が金目当てで沙紀に近づいていると糾弾。正樹は、沙紀を引き取れば3億円が手に入ると考えていたことを白状する。正樹の本心を知った沙紀は、父との決別を決意する。

晴美、加奈子、茜は、恭平との思い出を語り合う。沙紀は晴美たちに、いつも着けているブレスレットは「沙紀が晴美を守るという恭平との約束の証だ」と打ち明ける。それが沙紀にとっての“恭平との大事な秘密”だった。

晴美たちは、文江に“課題”の答えを伝える。“シングルマザーが抱えている寂しさや痛みをシェアすることでシングルマザーが生きやすくなると思ったから”という答えを出す。文江は正解と認めるものの、3人で答えたので「勝者なし」ということになる。

晴美たちは文江から、恭平が余命半年だったと知らされる。これが“2つめの嘘”だと知り、激しく動揺する晴美たち。3人は、恭平が底知れない秘密を抱えていたことを思い知らされるのだった・・・。 

                      ytv公式HPより引用

第二話感想・考察

シングルマザー3人の過去に少しずつ踏み込んできましたね。思春期の多感な頃にこんな生活はたしかに反発もしたくなるよな~と思ってしまいました(*_*)お父さんはお父さんでゲスいし

そんな状況の中でも恭平との約束を破らずブレスレットを着けていた沙紀ちゃん、良い子すぎます(´;ω;`)

今回で気になる点といえば、天谷恭平が昔関わった?とみられる事件に松田英明が関係していること!天谷恭平を襲撃した後1人現場に戻ったり被害者の関係者である3人の住むシェアハウスで働いたり、襲撃の仲間にシェアハウス内でおこっていることを全部しゃべってしまったり・・・。謎でしかありません。

謎が深まるばかりですが、ところどころ映っていた『マンゴーダンス』めちゃくちゃかわいかったですよね♪

ただ、最後それらすべてをかき消してしまう衝撃が次回予告で流れてました。ここにきてまさかの4人目の妻が登場!しかも妊娠中!!

大波乱の予感、来週の放送はどうなってしまうのでしょうか・・・。

第三話あらすじ

入居希望の女性・絵里(松井玲奈)がシングシングハウスにやってくる。彼女は、恭平(平山浩行)の妻だと名乗り、彼の子を妊娠しているという。第4の妻の出現に、晴美(小池栄子)、加奈子(りょう)、茜(岡本玲)は動揺。絵里は、すぐにシングシングハウスでの暮らしに溶け込む。

一方、晴美は、恭平に一番愛されてはいなかったのだと思い、シングシングハウスを出ていくと言い出す。そして、文江(夏木マリ)が“この中から1人、追放者を決める投票をする”という課題を言い渡すが・・・。

                       ytv公式HPより引用

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

-未分類

Copyright© ひろびろトーク☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.