気になるお役立ち情報・お得情報を色々な目線で調べてみました☆

ひろびろトーク☆

芸能

ロンブー田村亮が適応障害に!田村淳が新会社を設立した経緯は?

更新日:

お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが新会社『株式会社LONDONBOOTS』を設立したとTwitterで報告されました!
「田村亮と吉本興業を繋ぐ為の会社です」とも告白!さらに田村亮さんが会見後に適応障害になっていたことも告白されました!
会社設立の経緯や田村亮さんの近状などまとめて紹介していきたいと思います!

吉本芸人の闇営業問題

まず、事の発端は世間を騒がせた今年の6月。週刊誌フライデーに『吉本芸人の闇営業』に仲介役のカラテカ入江さんや田村亮さんや宮迫博之さんなどの吉本芸人が参加していたのが掲載。さらに闇営業先が『振り込め詐欺グループの忘年会』だった(芸人たちは反社会的勢力とは認識なかった)のも問題になった。
発覚当初は金銭の受け取りはなかったと吉本興業に報告していたが後に受け取っていたことが判明。無期限の謹慎処分を受けた。

7月19日、吉本興業は宮迫博之さんに対し、当初は当面の間謹慎処分としていたが吉本興業とのマネジメント契約を解除する処分に変更したことを発表した。

翌日7月20日、田村亮さんと宮迫博之さんが記者会見を行った。しかし、この記者会見は吉本興業を通さずに無断で行われたため、田村亮さんは当面の間の謹慎処分となっていたのが記者会見直前に宮迫博之さんと同様、吉本興業とのマネジメント契約解消の処分に変更された(後に処分を撤回しています)。

7月22日、吉本興業の岡本社長が記者会見。何時間もの間、しどろもどろな会見が映し出されました。

現在、田村亮さんや宮迫博之さん以外の芸人は復帰(カラテカ入江は契約解除)していますがこの二人はまだ復帰できていません。

宮迫博之さんは先日、明石家さんまさん主催で激励会が行われましたが、、、亮さんは?と思っていたら今回、相方の田村淳さんが新会社を設立したと報告されました。

騒動の中、田村淳さんの心情はどうだったのか?

https://www.sponichi.co.jp

淳さんはフライデーの闇営業記事が出た時、すぐに亮さんに電話をしたそうです。「相手が反社会勢力とは知らなかったのか?」「お金は貰ったのか?」などを尋ると「知らなかった。お金は貰っていない」と 言われ、「こんな場に行って、もらってないってある?それは信じられない」と言ったがそれでも「もらっていない」と言われたそうです。

亮さんが嘘つくような人でないのと「入江に頼まれたから」ということだったので信じていました。
というのも亮さん率いる「田村亮一座」という劇団の立ち上げの際に入りがあまり良くなく、その際に入江さんが助けてくれたという恩もあり、無償で行った。とも淳さんに伝えたそうです。
淳さんも亮さんの性格上あり得ることだろうと信じて、擁護しようと思ったそうです。

しかし後日、亮さんから連絡があり、お金をもらっていたことが聞かされます。まっさきに吉本興業に報告し、世間にも公表するべき、大ごとになるぞと伝え、亮さんに失望してしまいます。
淳さんは「お前が言わないなら、オレが言う」と言いましたが「自分の口で伝える」と答えたので見守ることにしました。

それから毎日亮さんと連絡とる中、ある日連絡が取れなくなってしまいます。結局はとれましたがその日は、あの会見をした日だったようです。会見前に連絡をし、なぜこんなことになったのかと聞くと「会社に自分たちの正直な気持ちを言いたいと言っても、なかなか実現できない。なので、自分たちで会見をすることにしたんだ」と言われました。

世間に言うことは賛成でしたが自分に相談もできないくらい亮さんが追い込まれ、この会見が正解だったのか、吉本との間に自分が入って言えたこともあったのではないか、など考えて正直苦しくなったそうです。

しかし、怒ったりせずに「もう会見は決まってるんだから、ありのまま伝えて来い」と背中を押してあげ、この会見をすることによって事態がどういう形になろうが《正直に言う》ということが達成できたならそれは支持すると伝えました。
「すまん。ありがとう」と亮さんがホッとしたのが電話越しでもわかったそうです。

ただ亮さんは、自分の気持ちを理論立ててしゃべるのがあまりうまくないので会見でちゃんと思いが伝えられるのか、何よりそこが心配だったようです。

実際に会見を見ると、安心したようです。自分の思いを言ってるのが分かったこと、会見では泣いていましたがあれは悔し涙や申し訳ないという涙、恥ずかしい涙だったのではないか、その姿を含め、自分が知ってる亮に戻ったんだなと語られました。

適応障害と診断

会見後、淳さんは亮さんの自宅に何度も行かれています。亮さんだけでなく奥さんや子供たちのことも心配だったようです。
会見から2週間後、亮さんの気持ちの浮き沈みが激しく、亮さんに病院に行こうと決断。診断されたのは『適応障害』でした。 亮さんは「あ、そうなんだ」と話したそうです。

適応障害とは生活の中で生じるさまざまなストレスにうまく対処することができず、抑うつや不安感などの精神症状が現れて日常生活に支障をきたす病気のことです。

そこで淳さんは亮さんにいったん、家族とも、仕事とも、東京とも離れて、旅に行ってこいよと提案。仲の良い後輩を連れてでもいいし、どこか行ったことがない場所を見てきたらいいんじゃないかと提案したそうです。

亮さんは1週間ほど1人で屋久島へ行きました。精神状態も不安定だったこともあり何かが起きてはいけないと思い、旅の間はお酒を飲まないことを約束。淳さんもその間は連絡を取らないようにしていました。そういう日々が少しずつあり、亮さんの気持ちも落ち着いていき、電話の声、話の内容、家に行った時の顔色、目の動きなど、そういったものが良い方に変わっていったそうです。

現在の亮さんは週に2~3回ほど高齢者の方が詐欺被害に遭わないようにというボランティア活動を引き続きしています。自分で先方にアポも取っていて、詐欺にも詳しくなっているそうです。

新会社設立の経緯

淳さんは常に亮さんに芸能界で仕事をしていきたいかを確認してきました。
どこかで「もうやりたくない」と言われれば、すぐに解放してあげようと思っていたそうです。それは、引退という形で。しかし亮さんは毎回気持ちよく『やりたい』と答えるそうです。そんな亮さんのために淳さんは動き出しました。

淳さんが考えたのは自身が代表となって亮さんがもう一度芸能界での仕事ができるように 「株式会社LONDONBOOTS」を立ち上げることでした。

淳さんは亮さんがもし、また仕事をできるようになったとしてもいきなり吉本に戻って、吉本と向き合うのはしんどいだろうなと考えたようです。

なので亮さんが「株式会社LONDONBOOTS」に入り、「株式会社LONDONBOOTS」と吉本が専属エージェント契約を結ぶかたちにしたようです。

専属エージェント契約というのは基本的に吉本から仕事の依頼が「株式会社LONDONBOOTS」入り、仕事を受けたら、吉本にお礼の手数料を支払うという仕組み。

決して吉本から独立するための会社ではなく、亮さんと吉本興業を繋ぐための会社と説明されました。

淳から亮について

淳さんいわく、亮さんがずっと苦しかったのは普段から子どもたちに「嘘をつくな」と言っていたのにあんなに大きく嘘をついた姿を見せてしまったこと。なので亮さんが次にできることは子どもたちについちゃいけない嘘をついてしまった、けれどきちんと謝って反省し、次に繋げ、その背中を見せることだと。その意味でも批判を受けたとしても、今会社を作るのがいいんだろうなって思ったそうです。

『いい意味でも悪い意味でも亮はまっすぐな人。無骨な猪武者みたいに。僕みたいに策略的に生きる人じゃないから(笑)。今、一緒に仕事をしなくなって、そこを強く感じます。』と語られました。

まとめ

田村淳さんが新会社『株式会社LONDONBOOTS』を立ち上げたことや田村亮さんの現在をまとめてみました。田村亮さんが適応障害になっていたのは驚きました。あの涙の会見は見ていても苦しかったです。やつれ方もすごかったです。淳さんの亮さんへの思いも熱く、コンビ愛が強いことがわかりました。亮さんを見放さずにいてくれた淳さんは心優しい方と世間は認識したのではないでしょうか。まだ復帰の予定はないようですがゆっくり帰ってきてほしいですね。

【追記】

淳さんはYouTuberにもなられました!

写真は以前に撮られたものらしいですがファン達もいつかこの笑顔が戻ってくるのを待っています!!

【↓関連記事はこちら↓】

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

-芸能

Copyright© ひろびろトーク☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.