気になるお役立ち情報・お得情報を色々な目線で調べてみました☆

ひろびろトーク☆

未分類

青山剛昌ふるさと館がコナンの家に移転?所要時間とアクセス方法

投稿日:

こんにちわ、ひろびろです!

幅広い世代から支持を集める大人気漫画・アニメの「名探偵コナン」。

作者である青山剛昌先生の出身地、鳥取県北栄町にある「青山剛昌ふるさと館」をご存知でしょうか。2007年に旧・大栄歴史文化学習館を改装してオープンした2階建ての施設で、青山先生の幼少時代の資料や仕事場の再現コーナー、作品の生原稿などの貴重な品々が展示されていて国内外のファンの“聖地”として人気な漫画・アニメミュージアムです。

18年度の入館者は過去最多の16万1300人にまで上り、昨今では海外からの来訪も急増しているのでさらなる入館者の増員が見込まれます。

連載を開始して今年で25年、毎年公開されている劇場版にいたっては年を重ねるにつれ劇場動員数の記録を更新し続けているので“聖地巡礼”をするファンが増えるのも頷けますが、ここにきてあるトラブルがでてきたそうで・・・

記念館移転

記念館が造られた当初はここまで入館者が増えることは予測しておらず、構造も手狭で混雑しやすい上にエレベーターの設置ができないなどバリアフリーの面でも課題が出てきています。

そのため昨年に地元の観光・商工団体が町に新築移転や増築を求め、町が検討委員会を設立し第一回目の会合が6月11日に開かれました。

いまや日本を代表する作品にまで上り詰めた同作の地元における経済効果は想像に難しくありませんが思わぬ弊害を呼んでしまったようです。

新しい移転先の候補は?

町観光交流課によると新しい移転先の候補地は「コナンの家 米花商店街」の敷地内が最有力になっているようです。

現在の場所から約700メートル南に移動するかたちになりますが、飲食店などが並び面積も広く、駅近くで他のコナン関連の施設にも近くなる、メリットが多い場所だそうです。

https://goo.gl/maps/e4Puc6wMpdgypnxr6

地図の貼り付けがうまくいかなかったのでリンクを貼っておきます^^

山陰本線「由良駅」通称“コナン駅”下車、歩いて15分ほどで現在の「青山剛昌ふるさと館」があります。

そこから“コナン橋”を渡るとすぐ新移転先の『コナンの家 米花商店街』にたどり着けます。

利用案内

現在の青山剛昌記念館の料金はこちらになります

個人

  • 小学生未満  無料
  • 小学生    300円
  • 中・高校生  500円
  • 大人     700円

団体(20名以上)

  • 小学生未満  無料
  • 小学生    200円
  • 中・高校生  400円
  • 大人     600円   

休館日      年中無休 年末年始も営業

開館時間     AM9:30~PM5:30  最終入館は閉館時間30分前まで

是非移転前にお立ち寄りしてみてはいかがでしょうか^^

街中にもコナン関連の銅像などがあり見ごたえ充分です!

最後までご覧いただきありがとうございました。

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

-未分類

Copyright© ひろびろトーク☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.