気になるお役立ち情報・お得情報を色々な目線で調べてみました☆

ひろびろトーク☆

スポーツ

桃田賢斗の復帰時期はいつ?眼窩底骨折で緊急手術!症状は?

投稿日:

バトミントン選手の桃田賢斗さんは1月の遠征先のマレーシアで大きな事故に遭いました。
事故の際、顔面を強打し現地の病院で顎・眉間・唇の裂傷、全身打撲と診断され、2日後に日本へ帰国。
帰国後、日本でも精密検査をし、一度は「所見なし」と診断されたが事故から約3週間経った後に【右眼窩底骨折】で全治3か月と診断。手術を受けることを決断されました。

そんな桃田賢斗さんの眼窩底骨折とはどんな症状が現れるのか、また復帰時期などもまとめていきたいと思います。

桃田賢斗が交通事故による眼窩底骨折が判明!

桃田賢斗さんは2020年1月、遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれてしまいました。

この事故によって、桃田賢斗さんは顔に複数の裂傷を負い、全身打撲や鼻の骨折などの怪我に見舞われてしまいました。

この事故により運転をしていた男性は亡くなり、桃田賢斗さんの乗車していた車の大破から見ても事故の大きさが分かります。

3月の全英オープンで復帰を目指し、2020年2月3日から日本代表合宿に参加して、練習を行っていました。

しかしこの練習で目に異常を感じ、もう一度精密検査を受けると右目眼窩底骨折が発見されました。

交通事故に遭い、たくさんの検査をされていた中でなぜこれまで眼窩底骨折が発見されなかったのかはまだ分かっていないようですが、手術を決断。
2月8日には手術を受けて無事に終了しているようです。

眼窩底骨折とは?どんな症状が出る?

まず眼窩底骨折というのはどんな怪我なのでしょうか?

眼球がある眼科と呼ばれる空間の床になる部分が眼窩底と呼ばれています。

この部分が骨折した状態のこと「眼窩底骨折」と言われているようです。

https://www.takedahp.or.jp/ijinkai/blog/2020/01/28/post-394/

もともとこの骨は非常に薄いため、眼球やその周囲に衝撃を受けることにより骨折してしまうものです。

サッカー選手やボクシング選手などのスポーツをしている選手によく発症するもので、衝撃が加わることも多く骨折しやすい部分となっているようです。

そしてこの眼窩底骨折では、骨折することにより目の神経や血管、筋肉などに障害を与えることがあります。

そして、物を見るときには見たい物が二重に見えてしまうことがあったり、上目遣いなど目を上に上げることができなくなってしまいます。

さらには鼻水に血が混ざって出てしまったり、眼球自体が眼窩に落ち込んでしまうなどの様々な症状が現れるようです。

治療法としては保存治療もありますが、合併症や骨折の状況や目の周りの神経などの状況など様々なことを考慮し、総合的に判断して手術のタイミングも決められるようです。

桃田賢斗さんの場合、事故に遭ってすぐに精密検査などを受けていましたが、この時には眼窩底骨折は発見されていませんでした。

2月3日から練習を再開した桃田賢斗さんは、練習中にシャトルが二重に見えるなどと違和感を感じスタッフにその症状を訴えたのだそうです。

2月7日には精密検査を受けると眼窩底骨折が判明しており、 2月8日に緊急手術を受けました。

なぜ1ヶ月もの間発見されることがなかったのかは確認できませんが、もし交通事故で重い症状があればすでに物が二重に見えるなどの症状が現れていたと言われています。

桃田賢斗の復帰時期は?オリンピックは間に合う?

眼窩底骨折が診断されたことにより3月に開催される全英オープンには出場できなくなってしまいました。さらに東京オリンピック出場もここに来て不安が高まっています。

桃田賢斗さんは金メダル候補で期待されていますが、 オリンピックに間に合うのでしょうか?

手術を受けたばかりの桃田賢斗さんは、約一週間ほど入院して治療を行うそうです。退院してからは、患部に影響ない範囲内で練習を再開していくと言われています。
つまり一週間ほどで練習を再開することは可能なのですが、全治3ヶ月と言われています。
桃田賢斗さんは、これからの競技生活を考えても治療を優勢に進めたいという気持ちもあるが、それでも早くコートに戻りたいという思いもあるようです。

今のところ東京オリンピックに間に合うかどうかは不透明な状態ということですが、まずは万全な状態で復帰できるように治療に専念して欲しいなと思います。

まとめ

東京オリンピックで金メダルが期待されている桃田賢斗さんは、1月に遠征先のマレーシアで交通事故にあい、怪我をしてしまいましたが、練習に復帰されていました。

しかし復帰してすぐに目に違和感を感じ、もう一度精密検査を受けると右目眼窩底骨折という診断がされてしまいました。
シャトルが二重に見えるなどといった症状も出ており、2月8日に緊急手術を受けましたが、全治3カ月ということで東京オリンピックでの活躍が不安視されています。

これからも競技を続けていく上で万全な状態に感知して欲しいので、まずは治療に専念して欲しいなと思います。

オリンピックの出場が危ぶまれ、桃田賢斗さん自身も焦りを感じていると思いますが、無事に完治して欲しいなと思いました!!

そして万全な状態で、東京オリンピックで活躍して欲しいと願っています!!

メタ情報

カレンダー

2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

メタ情報

カレンダー

2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

-スポーツ

Copyright© ひろびろトーク☆ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.