気になるお役立ち情報・お得情報を色々な目線で調べてみました☆

ひろびろトーク☆

テレビ ニュース 話題 音楽

ジュース・ワールドの死因は?薬物摂取の可能性は?ヒップホップ界に衝撃が走る!

投稿日:

アメリカ・シカゴ出身のラップ歌手【Juice WRLD】(ジュース・ワールド)さんが12月8日に21歳の若さで死去しました。

死因や薬物摂取をしていたか?など調べてみました。

◾️プロフィール

【名前】Juice WRLD(ジュース・ワールド)

【本名】Jarad Anthony Higgins (ジャラド・ヒギンス)

【生年月日】1998年12月2日(21歳)

【出身地】アメリカ・シカゴ

【職業】ラッパー・ソングライター

【ジャンル】ヒップホップ・エモラップ・トラップ・R&Bなど

【デビュー】2017年

◾️死因は?

今のところジュースワールドさんの死因については、はっきりとは分かっていません。

シカゴ・ミッドウェー国際空港でジュースワールドが自家用ジェット機から降り、歩いているときに発作を起こし、口からは血が出ていたと言う。すぐに救急搬送されたという情報があります。

◾️薬物摂取をしていた?

ジュースワールドは2018年に、米紙ニューヨーク・タイムズに対し『十代にXanax(ザナックス)を大量に摂取していたが、今は薬物の使用を抑えることを目指している』と話しています。

もしかすると、死因は薬物摂取が関係している可能性もありますね。

◾️ザナックスとは?

ザナックスと言われる薬は、日本でも【ソラナックス】【コンスタン】という名前で処方されています。この薬の適応は、心身症における身体症状と不安・緊張・抑うつ・睡眠障害など、【抗不安薬】として処方されています。

もちろんこの薬は違法薬物ではありませんが、過剰摂取や用法を守らなければ危険な状態や死に至ることになる恐れがあります。

◾️精神的に不安定だった

ジュースワールドの歌はラップにロックなどの要素も取り入れたニュースタイルが魅力的で一気に注目され人気を集めました。今年【ビルボード・ミュージック・アワード】では新人賞を受賞し、ヒップホップ界の新星として期待されていました。

若い頃から音楽に目覚め、若くして成功し、沢山の栄光の裏には沢山の悩みがあったのでしょう。

ご冥福をお祈りします。

◾️みんなのツイート

最後までお読みいただきありがとうございまさした。

↓こちらもあわせてご覧ください↓

メタ情報

カレンダー

2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

メタ情報

カレンダー

2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

-テレビ, ニュース, 話題, 音楽

Copyright© ひろびろトーク☆ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.