女子生徒監禁容疑で逮捕された内田慎也容疑者は新島学園の学校の担任だった!

未分類

群馬県高崎市で女子生徒の監禁容疑で現行犯逮捕された内田慎也容疑者(27)。

SNSなどで特定が進んでいるようですが、ひろびろでも内田容疑者について調べてみました。

内田容疑者が勤務していた学校

群馬県安中市にある新島中学校で勤務、中高一貫の私立校。

男女共学のキリスト教系の名門私立学校で、地元の裕福な子どもが通っているようです。

内田容疑者の担当科目・部活は?

中学2年の担任で、担当科目は数学。

部活動では硬式テニス部の顧問でした。

勤務状況としては3年前に新島中学校に赴任し、中学2年のクラスを2年連続で担当していたといいます。

犯行の動機は?

まだ犯行の動機などについて警察からの発表はありませんが、ネット上では“一方的に恋愛感情をいだいていた”という見方が強いようです。

なかでも

  • 室内があらされていた
  • 被害生徒の顔にアザができていた
  • 自宅から金品略奪の情報はない
  • 山道で2人でいるところを発見
  • 逮捕時内田容疑者は包丁をもっていた

という点が内田容疑者の一方的な感情が読み取れると感じるポイントになっているようです。

また、女生徒の顔にアザが出来ている等暴行された形跡があるので今後「監禁傷害罪」が適用されるかもしれません。


まとめ

地元の名門校の教員がおこした今回の事件、とうてい許されることではありませんが被害にあった生徒が無事保護されたのが唯一の救いだったように思います。

SNSなどで犯人のFacebookやインスタグラム・住所などを特定するような動きも出ていますが、まだ詳しいことはわからないようです。

ともあれ被害生徒はもちろん、他の生徒や保護者、学校関係者にとっても衝撃や動揺や不安があると思うので一刻も早く原因解明に努めてほしいとおもいます。

↓↓こちらもどうぞ↓↓

タイトルとURLをコピーしました