気になるお役立ち情報・お得情報を色々な目線で調べてみました☆

ひろびろトーク☆

映画 芸能

映画【蜜蜂と遠雷】あらすじと感想・評価!キャストのピアノ演奏は誰が?鑑賞レポート

更新日:

こんにちわ、ひろびろです!

先日、映画『蜜蜂と遠雷』鑑賞してきました。

原作が人気作であることだけは知ってました。映像化不可能と言われていた作品、ですが劇場で流れる予告映像からも伝わるピアノへの熱さと音楽の素晴らしさ。これは観に行くしかない!ってことで、感想レポート書いていきたいと思います。

以下、ネタバレを含みます。閲覧の際にはご注意ください。

あらすじ


3年に一度開催され、若手ピアニストの登竜門として注目される芳ヶ江国際ピアノコンクール。
かつて天才少女と言われ、その将来を嘱望されるも、7年前、母親の死をきっかけに表舞台から消えていた栄伝亜夜は、再起をかけ、自分の音を探しに、コンクールに挑む。


そしてそこで、3人のコンテスタントと出会う。岩手の楽器店で働くかたわら、夢を諦めず、“生活者の音楽”を掲げ、年齢制限ギリギリで最後のコンクールに挑むサラリーマン奏者、高島明石。幼少の頃、亜夜と共にピアノを学び、いまは名門ジュリアード音楽院に在学し、人気実力を兼ね備えた優勝大本命のマサル・カルロス・レヴィ・アナトール。
そして、今は亡き“ピアノの神様”の推薦状を持ち、突如として現れた謎の少年、風間塵。


国際コンクールの熾烈な戦いを通し、ライバルたちと互いに刺激し合う中で、亜夜は、かつての自分の音楽と向き合うことになる。果たして亜夜は、まだ音楽の神様に愛されているのか。そして、最後に勝つのは誰か?


蜜蜂と遠雷 公式サイトより

キャスト・ピアニスト紹介

栄伝亜夜/松岡茉優

将来を嘱望されていた天才少女だったが、母親の死をきっかけに表舞台から消えていた。今回のコンクールに再起をかける 。

ピアノ/河村尚子

5歳でピアノを学ぶため渡独し、ヴィオッティ、カサグランデなど数々のコンクールで優勝・入賞。毎回多くの名ピアニストを輩出しているクララ・ハスキル国際コンクールで優勝を飾る新進気鋭のピアニスト。

高島明石/松坂桃李

楽器店勤務のサラリーマンで妻と息子がいる。年齢制限ギリギリのため、これが最後と覚悟を決めコンクールに出場した。

ピアノ/福間洸太朗

高校卒業後にヨーロッパへ留学し、20歳の時にアメリカのクリーヴランド国際ピアノコンクールで日本人初となる優勝を果たす。国内外の多くの音楽祭に招待され、多数のオーケストラと共演している。

マサル・カルロス・レヴィ・アナトール/森崎ウィン

今回のコンクールの大本命。そのルックスと育ちの良さから「ジュリアード王子」と呼ばれる。昔、日本に住んでいたことがあり、亜夜と一緒にピアノを学んでいた。

ピアノ/金子三勇士

11歳の時に飛び級でハンガリー国立リスト音楽院大学に入学、これまでにハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団や大阪センチュリー交響楽団など、数々の音楽団と共演。「ハンガリー子どものためのバルトーク国際ピアノコンクール」にて審査員を務める。

風間塵/鈴鹿央士

養蜂家の息子で、正規の音楽教育を受けておらず、自宅にピアノすらない少年。今は亡き著名なピアニスト・ホフマンに見いだされ、コンクールに送り込まれた。

ピアノ/藤田真央

3歳からピアノをはじめ、現在は日本各地をはじめポーランドやドイツ・イタリアなどで定期的に演奏を行っており、ショパン国際音楽祭など世界に名のある音楽祭に招待されリサイタルを行っている。

嵯峨三枝子/斉藤由貴

今回のコンクールの審査委員長。自身も有名なピアニストでもある。

仁科雅美/ブルゾンちえみ

明石の元同級生で、ドキュメンタリー番組の撮影でコンクールに密着する。

ジェニファ・チャン/福島リラ

ジュリアード音楽院に在学する超絶技巧のピアニスト。マサルに思いを寄せる。

高島満智子/臼田あさ美

明石の妻。最後のコンクールに挑む夫を献身的に支える。

※各キャストの人物紹介文については公式サイトより引用

感想

まず、冒頭に出てきた馬。あれっていったい何だったんでしょうか。終盤、栄伝が本選出場から逃げ出そうと荷物を持って会場から出ていくシーンでも再度登場してましたが。

あれはなにを表現したかったのかが謎でした。

次にメインの4人についてですが、松岡茉優と松坂桃李の演技が素晴らしかったです。7年前にピアノ本選をボイコットした後音楽会から姿を消した栄伝。再起をかけて今回コンクールに出場するも過去のトラウマから抜け出せず、不安が積もった表情がよく表現されていたと思います。

また、年齢制限のため今大会が最後となる明石。音楽の天才たちの中で“生活者の音楽”を追い求め模索し静かに熱量を感じさせる演技でした。正直こんなに演技力があったのかとびっくりでした。

ただ惜しいのが、登場人物の個人の掘り下げと関係性の薄さです。原作のページ数が多く大作なだけに、映画の上映時間に収めるにはしょうがないことかもしれませんが、そこをもう少し緻密に描いてほしかったです。

でも映画自体は面白く観れたので、原作を読んでみようという気になりました。

これから観られる方は原作を読んでから劇場に行くほうが良いかもしれませんね。

世間の評価

https://twitter.com/you50072993/status/1184107577497440257

U-NEXTでは小説『蜜蜂と遠雷 』上下巻がご覧いただけます。初めて入会する方は31日間無料・600ポイントプレゼント!(2019.10月現在)

期間内に退会すればお金は一切かかりません。この機会にどうぞ。

最後までご覧いただきありがとうございました。

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

-映画, 芸能

Copyright© ひろびろトーク☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.